今後ますます少子高齢化が進み人手不足が深刻化する中、企業の介護支援は従業員のワークライフバランスを考える上で重要な要素となってきます。特に業務のキーパーソーンとなるミドルマネジメント層にとって、親の介護は他人ごとではありません。社員が安心して長く働ける環境は、社員のモチベーションアップや人材の定着率にもつながり、業務の効率化や採用コストの削減などさまざまなメリットがあるのです。

「仕事と介護の両立支援」における5つの取り組み方法

研修プログラムにおいては、企業様のご要望・現状により、オリジナルのプログラムを作成可能です。
また、プログラムに合わせ、ケアマネージャーや介護関係者など専⾨家をお呼びすることもできます。